代表メッセージ| MESSAGE

代表取締役CEOレムケなつこ

私がオーガニックにどっぷり浸かることになったのは、
20代の頃、仕事で途上国に行ったことがきっかけでした。

そこで、私たちが毎日摂る当たり前の食事を生産するために途上国の人がどれだけ苦しんでいるのか、
それを現場で目の当たりにしました。

なんとかして、この現状を変えたい。どうすれば変えられるのか。
そう悩んだ結果、たどり着いたのがオーガニックでした。

オーガニックは、関わるすべての人を幸せにできる仕組み。
それに気がついた私は、オーガニック最先端ドイツへ渡り、
現地の大学院と研究所でオーガニックを研究開発しました。

地球に存在する命はすべて相互に依存しながら生きています。
私たち自身も地球上の多くの人、生物、物質から多大な恩恵を受けて生きている。
生かされていると言った方がいいかもしれません。

だから、もし私たちがよりよい暮らしやよりよい未来を、自分のために、
そして、愛する人のために望むのであれば、
地球上に存在するすべてのモノの暮らしに目を向け、その未来を守っていく必要があります。

誰かの苦しみの元にある豊かさは本物の豊かさではない。
なぜならば、それは、必ず自分や大事な人に別の苦しみとなって還元されてしまうからです。

オーガニックを選択することで、救える人生や命が世界にはある。
オーガニックを選択することで、素晴らしい想いを持った生産者を支援することができる。
日々の食卓が、オーガニックに変わっていくことで、地球上の生命の淀みない幸せや豊かさの循環を促進していく。
そしてこの循環が、さらに多くの幸せを紡いでいくと信じているから。

だから、私たちIOBはオーガニックを選び続け、応援し続けます。

代表プロフィール

ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生として、ドイツHohenheim大学大学院農学部オーガニック・フード・チェーン・マネージメント(MSc) 修了。慶應義塾大学経済学部卒。

ドイツの食品研究所でオーガニック食品の開発に携わる(ドイツ国家より研究補助金獲得)。
オーガニックセクターの国連と言われるIFOAM(国際有機農業運動連盟)欧州本部リーダーシップ・プログラムに日本人として初めて選抜される。

20代、ボリビアにてJICA青年海外協力隊、メキシコでJICA専門家として途上国の生産者支援に関わった経緯からオーガニックに目覚める。
2016年よりオーガニック専門家として講師・執筆業を開始。

セミナー・講演実績|SEMINAR

  • 慶應義塾大学経済学部 農業経済論 ゲスト講師 「オーガニックの多様な可能性」
  • ドイツ、シュツットガルト日本人会教養講座「オーガニックってなに?」
  • ドイツ、日本語クラブでんでんむし大人セミナー「オーガニックの真価を学ぼう」
  • オーガニック起業家対象オンラインオーガニックビジネスセミナー
  • サンクチュアリ出版「オーガニック講座」
  • 一般社団法人日本オーガニックビューティセラピスト協会「オーガニックビジネストークショー」
  • メディアHaccobe & RZP「起業家向けオーガニック講座」
  • StudioFUGA「あなたの知らないオーガニックの世界」
  • 環境省MOTHER EARTH「オーガニック専門家としての活動報告」

メディア|INTERVIEW

  • インディゴマガジン「協力隊としての経験からオーガニックの世界へ ー ドイツでの挑戦」
  • ママそら「今日の輝くママ-レムケなつこさん」
  • ハピゴト「オーガニックの真価を学び、公平な絆へつなぐ レムケなつこさんインタビュー」
  • ベルリン発フェアファッションブランドjjackman「おしゃれな女性のための“コンシャス”なお買い物(Conscious Shopping for the Stylish Woman)」

連載|SERIAL PUBLICATION

  • メディア「発酵美」 “本場ドイツでオーガニックを研究” オーガニック専門家レムケなつこ
  • ドイツ・シュツットガルト日本人会会報
JICA海外青年協力隊員時代の同僚たち
ドイツで毎年開催される世界最大級 オーガニック専門見本市ビオファ視察
南米最貧困国ボリビアで出会った子どもたち
ドイツのバイオダイナミック有機農家視察

#organic4change