オーガニックセクターの国連IFOAM(国際有機農業運動連盟)に、ドイツIOB代表レムケなつこがインタビューされました。

レムケは、2019年オーガニックセクターの国連と言われるIFOAM(国際有機農業運動連盟)欧州本部でリーダーシップコースに日本人初で抜擢され、2020年2月にドイツで開催された世界最大級オーガニック専門見本市の会場での修了式にて参加者代表として動画インタビューを受けました。

ドイツIOB代表レムケなつこからのメッセージ

「オーガニックセクターの国連でリーダーシップスキルを磨こうと決意した理由は、次世代の日本のオーガニック環境を変える社会的インパクトになりたいという思いからです。

ここで得た深い知識、ネットワーク、明確なビジョン、インスピレーション、そして希望を日本の企業、行政、農家、起業家、リーダーたちに還元していきたいと考えています。⠀

研修には日本人て初めて抜擢されたとのことで、学んだ゙ことを日本語で伝え広めていく重要な責務を負ったなと、プレッシャーを感じています。⠀

  • 世界最先端欧州のオーガニックセクターで何が起きているのか
  • なぜ、オーガニックが当たり前な社会が今必要とされているのか

11年間ドイツでオーガニックに学術的に向かい合ってきた私独自の目線でお伝えできたらと思います。」

 

インタビュー内容:
これからのリーダーとしてどうありたいか?
環境再生型有機農業の講座で学んだことは?

 

Credit ©︎IFOAM Organics International
Shortened & edited by Institut für Organic Business GmbH/Director Chisato Okuma⠀

*動画は、IFOAMから編集許可を得てオリジナル動画を1分に縮めています。 また、日本の視聴者の方にもわかりやすいよう英語音声に日本語字幕をつけています。


日本では手に入らないオーガニック情報

この記事が気に入ったら
IOBをフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事