「教えて!オーガニックQ&A」では、IOB代表・オーガニック専門家レムケなつこが、オーガニックに関する様々な質問にお答えしています。

今回のテーマは、オーガニックコスメにおける有機素材の割合について。

オーガニックQ&A: オーガニック食品は100%有機原料ですが、オーガニックコスメの原料は100%有機でなくてもよいのでしょうか?

 

質問者:N.K.さん
食品は100%有機のものを使っていないと有機と謳えませんが、その他のコスメなどは100%でなくてもよいのはなぜでしょうか。

 

回答者:レムケなつこ

オーガニックコスメの定義や様々なオーガニックコスメ認証の規定についても学んでみてください。そうすると、今回のご質問の通り、食品と異なり、オーガニックコスメにおけるオーガニック原材料の割合は必ずしも「100%ではない」ということを学んでいただけると思います。

実は、これはオーガニックコスメを知るうえで非常に大切なポイント!鋭いご質問、ありがとうございます!
では回答していきますね。

 

ご質問者がお察しの通り、コスメの場合100%有機素材はかなり難易度が高いです。完全オイルベースのものの場合100%での製造は容易に可能で、実際にそういう商品は出回っています。

一方、製品に水分が少しでも入ると防腐が必ず必要になります。そして、防腐剤として最も強力なのが石油系防腐剤です。防腐剤がオーガニック素材では、まず防腐はできないと思ってください。

このお話をするとオーガニックコスメに石油系防腐剤ということで抵抗を覚える人もいるんですが、ここで考えていただきたいのは、オーガニック素材100%で死に至るかもしれない、失明するかもしれないというリスクのあるコスメを使用するのと、オーガニック素材が95%で安全・安心に使用できるコスメとどちらが社会的に見てよいか、ということです。

現行のオーガニックコスメは妥協の塊と批判されることもありますが、消費者が安全に使用できないものを商品化することは倫理的にも不可能なのです。

今回のお話のように、オーガニックコスメについて正確な知識をもっていなければマイナスに見えるようなオーガニック製品の側面も、その背景を科学的に学べば、より安心安全なオーガニック製品を選択する目を養うことができます。

もっともっとオーガニックのことを学びお客様からの質問へ明確に回答できるようになりたいあなたへ。そんなあなたのために、無料でメール講座を配信中です。まずはぜひこちらをご覧くださいね!
正しいオーガニックの知識を身につけたいあなたのお役に立てますように。

最先端ドイツのオーガニック無料メール講座

 

 


日本では手に入らないオーガニック情報

この記事が気に入ったら
IOBをフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事