ドイツIOBオーガニックスクール受講生インタビュー Vol.2 メッツィンガー広美さん

  • 名前:メッツィンガー広美
  • 職業:欧州オーガニックコスメオンラインショップオーナー
    取り扱いコスメを使用したスキンケアカウンセリング
  • 修了コース:ドイツIOB認定オーガニック専門家資格オンラインコース
  • 年齢:35 - 44歳
  • 居住地:ドイツ バーデン・ヴュルテンベルク州バーデン・バーデン

現在はどのようなお仕事をしていますか?

欧州オーガニックコスメを取り扱うオンラインショップ運営、及びスキンケアカウンセリングを行っています。欧州のオーガニックコスメメーカーと専売取引を行い、日本未上陸の上質コスメをご紹介しています。

なぜオーガニックに関心を持ったのですか?

ドイツでの生活を通し、人間の身体や皮膚は自然の力で機能を高めていくのが本来あるべき姿で、結果的には強い身体・皮膚が作れるのだという思いが強くなりました。そしてそれを「オーガニック」で取り入れることで、自分以外の存在(あらゆる生物や環境など)を守ることにも繋がると知ったからです。

お仕事や毎日の生活の中で、オーガニックに関係した印象深い体験はありますか?

現在ドイツに住んでいますが、ドイツは「オーガニック=BIO」が日常にあふれています。

私が住んでいるところは小さな街ですが、それでもBIOショップが3軒。それ以外の一般スーパーにも必ず取っていいほど「BIOコーナー」があり、ドイツではオーガニックは特別な選択肢ではありません(価格はオーガニックではないものに比べ高くはなりますが)。

ドイツにはもちろん健康のためにオーガニックを選ぶ人も多いですが、動物保護、環境保護と言った観点で選ぶ人が多いことにも驚かされました。

「なぜ一般消費者がそういった観点でオーガニックを選ぶことができるのか?」理由はたくさんあると思いますが、私が日常生活の中でみる理由のひとつは、ドイツのメディアにあるように感じています。

例えばテレビを見ると、一般のスーパーで出回る食品には非常に劣悪な環境で作られているものがあること、そしてその実態を隠すことなく視聴者に知らせる番組が非常に頻繁に放送されています。時には目を覆いたくなるような場面も流れてきます。

そうした中で、消費者は「自分が選択するものはどのような背景があるのか?」と自然と考え、積極的に消費の在り方に関与するようになります。そして、出来る限り「環境や他の生命と調和できるもの」を選びたいという感覚が芽生え、その選択肢のひとつがオーガニックなのだと思います。

なぜオーガニックを学ぼうと思ったのですか?

ドイツでのオーガニック市場の発展を日常生活から感じ、とても興味を持ちました。しかし、オーガニックがなぜよいのか、なんとなくはわかっていても、いざプロとしてお客様に伝えるときに自信をもって伝えることができませんでした。
知識が独学やいろいろなところから収集したもので、時にどれを信じてよいのかわからないこともありました。

なので、一度本格的にオーガニックについて学びたいと思っていました。

その中でドイツIOBオーガニックスクールを選んだのはなぜですか?

ショップ運営開始当初、ブランドを選定するにあたり、条件としてスキンケア効果はもちろんですが、その他に「動物実験はしない」「環境保護の観点がある」メーカーを選定したいと思いました。しかし、その中で「肌を綺麗にしたい人にそのようなことは関係があるだろうか?」という意見をいただいたことがあり、やはり一般的にモノの選択にはまだまだ個人主義的な側面が強いということを実感しました。

しかしその後、なつこさんのセミナーを受け、「オーガニックは生きとし生けるものみんなが幸せになる仕組みである」と学んだときに、自分の思いが後押しされたようで「これだ!」と思いました。

「オーガニック」をそういった観点から学べる場所は他にはないので、ドイツIOBオーガニックスクールでぜひ学びたいと思いました。

受講した感想をお聞かせください

オーガニックコスメについては、ただオーガニック成分を配合したコスメ、お肌にやさしいコスメといった曖昧なものではなく、お肌の構造から科学的にその作用を学べるので、お客様にお話するときにも説得力のあるトークができるようになりました。

またひとりの人間としても、環境・地球・次世代を守っていくために何ができるかを考えさせてくれる講座で、日々の生活のあらゆる選択の場面でとても役に立っています。

一番印象に残った内容とその理由をお聞かせください

畜産の話です。普段食べているものがどのようにして食卓に並ぶのか、自分の毎日の生活に関わることなので印象に残っています。

この講座を受けたことで、価格だけでは見えないものがあるとよくわかり、食品の選択意識が変わりました。

今後、学んだことをどのように生かしていきますか?

本講座で学んだオーガニックコスメの知識は、ショップのカウンセリングで活用できています。

以前はご相談を受けたお客様に、肌タイプにあったスキンケアをご紹介するまでにとどまっていましたが、講座を受講してからは、オーガニックコスメがどのようにお肌に作用するのか、「科学的」な説明を加えられるようになりました。それにより、特に石油系コスメからオーガニックコスメへ移行したい方や、これまでオーガニックスキンケアでなかなか結果の出なかった方が、ショップのお客様になってくださることが目に見えて増加しました。

インターネットの情報で「オーガニックコスメ=お肌にやさしそう」という曖昧な情報しか得られず、オーガニックコスメに迷いを持っていたお客様の不安を払拭し、新たなスキンケアを開始するモチベーションを高めることができたのだと思います。

さらに、オーガニック製品は個人のためだけではなく、社会・動物・環境のため=「ソーシャルベネフィット」にも繋がるという学びも、とても役に立っています。この話をお客様に詳しくお伝えすると、私自身がそうであったように、自分の選択をさらに肯定的に感じることができるので、お客様にはお買い物の満足度が高まるといっていただけます。

ドイツIOBオーガニックスクールで学ぶオーガニックの知識は、お客様に「目から鱗!」と言ってもらえるオーガニックの本場ドイツならではの最先端の知識です。その知識が競合他店からの差別化ポイントとなり、継続的なリピーターさま獲得に繋がっています。

これからドイツIOBオーガニックスクールへ入学を考えている方へメッセージをお願いします

オーガニックは身体によい、オーガニックコスメはお肌によい、それはわかる気がするけれど「なぜなのかが上手く説明できない」という方にはぜひお勧めしたい講座です。

エビデンスと一緒に学べる本講座を受講後には、自信を持ってオーガニックのベネフィットをお客様に伝えられるようになります。
またオーガニックを多面的に捉えた講座は、オーガニックが自分のためだけではなく、家族、次世代、環境、地球のためになることを確信させてくれます!

メッツィンガー広美さん「事業紹介」

メッツィンガー広美様仕事風景
メッツィンガー広美様仕事風景その2
  • 会社名:momo beauté(モモ・ボーテ)
  • 場所:ドイツ バーデン・ヴュルテンベルク州 バーデン・バーデン
  • 事業概要:「お肌の健康が心の健康にも繋がる」を理念に、オーガニック先進国ドイツより良質なオーガニックコスメを日本にお届けします。
    自身の肌荒れをオーガニックコスメで克服した経験をもとに、自らが使用したことのある、日本人のお肌に合い、効果を感じるブランドのみを取り扱っています。さらに、ドイツ人オーガニックコスメ専門家のもとで学び習得したスキンケア提案法で、日本人として数少ない本場仕込みのスキンケアカウンセリングをご提供します。

Webサイト:http://www.momobeaute.com/
Instagram:https://www.instagram.com/momobeaute_in_germany


日本では手に入らないオーガニック情報

この記事が気に入ったら
IOBをフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事