ドイツIOBオーガニックスクール受講生インタビューVol.6 E.A.さん

  • 名前:E. A.
  • 職業:営業(製薬)
  • 修了コース: ドイツIOB認定オーガニック専門家資格オンラインコース
  • 年齢:25 - 34歳
  • 居住地: 沖縄県

現在はどのようなお仕事をしていますか?

製薬会社の営業をしています。

なぜオーガニックに関心を持ったのですか?

以前からオーガニックコスメを使ってみたいと考えていました。

さらに、子どもたちにアレルギーがあり、アトピー性皮膚炎になったことと、夫がすぐに体調を崩すので、それを改善するにはどうしたらよいのかと調べ、毎日の食生活を見直す必要が出てきました。

そこで、オーガニックなら上記の二つを解決できるのではと思い、調べ始めたのがきっかけです。

お仕事や毎日の生活の中で、オーガニックに関係した印象深い体験はありますか?

子どもの肌が乳児湿疹かアトピー性皮膚炎かよくわからないときに、ステロイドを処方され劇的によくなり、逆に不信感が出てきました。今まで何をしてもよくならなかったのが、こんなにすぐによくなるのは少し怖い気がしました。

そして、この薬がやめられないのではと思い、肌本来の機能を高める必要があるなと感じました。

なぜオーガニックを学ぼうと思ったのですか?

家族の健康と人間の身体が持っている本来の力を引き出すために何が必要なのかを知りたいと思ったためです。

その中でドイツIOBオーガニックスクールを選んだのはなぜですか?

一番最初に目が止まったことと、送られてくる無料メルマガでエビデンスに基づいた話を聞かせてもらえると書かれていたため。

受講した感想をお聞かせください

受講して本当によかったと思います。オーガニックの本場ドイツの最新の情報をエビデンスに基づいてわかりやすく教えてもらえました。

オーガニックがなぜ、日本で普及しづらいのかということや、今すぐ私ができることなどを考えるよい機会になりました。

日本の現状と他の国との違いも、本場のドイツからの見解が聞けたのでわかりやすかったです。

一番印象に残った内容とその理由をお聞かせください

日本の農薬事情について。

そこまで意識したことなかったのですがよく聞く問題だったので、なぜ重要なのかが理解できました。農薬と日本人の健康問題がリンクすることが多くて納得できたのも大きいです。

今後、学んだことをどのように生かしていきますか?

まずは自分自身、そして家族でできることを実践していきます。

日本でオーガニックが一般家庭にも普及していくために何ができるのか、何が必要なのかを考えながらオーガニック製品を使っていきたいです。

これからドイツIOBオーガニックスクールへ入学を考えている方へメッセージをお願いします

オーガニックに少しでも興味があれば、一歩踏み出して学んでみてください。楽しい発見がたくさんあります。これからの子どもたちのために自分自身のためにもなります。エビデンスに基づいた講義なので理解しやすいです。

そして、オーガニックなんて何がよいのかわからない、という方にもぜひ学んで自分の目でオーガニックの真実に向き合ってもらいたいです。


日本では手に入らないオーガニック情報

この記事が気に入ったら
IOBをフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事