マインドフルネスとは、意識を一つのことに集中することです。マインドフルネス(mindfulness)は、mind(心)に、ful(行きわたった)とness(状態)が合わせられてできた言葉です。ここでは「心」を使って表現していますが、意味的にここでのmindは「意識」に近い感覚を指します(参考記事:マインドフルネスとは)。意識を一つのこと、今ここに集中し、開放的で囚われていない心の状態を言います。

私たちは、何かをしているほとんどの時間無意識のうちに、過去の失敗やこれから起きることへの不安など、様々なことを心のどこかで考えている時間があります。それをマインドフルネスとは反対のマインドレスネスの状態と言い、マインドレスの状態=ストレスがかかっている状態です。

マインドフルネスは、自分の外側に向いている意識を内側に向けることです。日常の心の迷いを抜き去って、今ここにある心の状態を見つめることを言います。物事の良し悪しを判断するのではなく、事実のみにフォーカスするように心がけます。そうすることで、物事を冷静に判断することができ、的確な答えを導き出すことができるようになります。このように、マインドフルネスの状態にするために、最近は瞑想が取り入れられています。

マインドフルネスとは、あれこれ考えて落ち着かない心を意識的に改善していこうとする方法のことで、リラックスしているのに意識が高まり集中することができている状態、心のわだかまりがなくなってスッキリした状態、心が安定した自分になれている状態のことを言います。瞑想の方法として、呼吸に意識を持っていく方法がとられます。

 

参考資料:
「マインドフルネスとは?」https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_699.html
マインドフルネスとは https://eonet.jp/health/article/_4104670.html
マインドフルネスとは何か? https://motivation-up.com/whats/mindfulness.html
樫尾直樹著「マインドフルネスがよくわかる本」秀和システム

 

文=鈴木結子

 


日本では手に入らないオーガニック情報

この記事が気に入ったら
IOBをフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事